事件や事故があった場所は大凶相

土地を選ぶ際に最も注意が必要なのは、過去にその土地で事件や事故がなかったかどうか、ということです。殺人事件や自殺といった行為、悲惨な事故が起きた土地は、言わずと知れた大凶相であり、たとえ吉相の住まいを建てたとしても、災いを招きます。
何も知らずその土地に住んでしまうと、交通事故に遭いやすくなったり、重い病にかかったり、一家離散や事業の倒産など、さまざまな不幸に見舞われる可能性があります。
周辺と比べ地価が安いような土地には注意が必要ですから、じゅうぶんに調べましょう。

旧家の跡地や大木がある土地は過去のトラブルをチェック

代々続いた旧家の跡地や敷地内に大木がある土地は、そこに住んでいた人の念が残ることが多いため、災いを受けることも多くなります。旧家が敷地を売却するには、その土地を手放さなければならない何らかの事態が生じたと考えられますので、家運に関わるような大きなトラブルがなかったかどうか、きちんとチェックしたほうがよいです。

競売の土地は財運や事業運が低下する

競売にかけられている土地は、トラブルが起きることが多いので、個人的な住まいとしては避けたほうがよいと考えられます。
競売物件の中には、事業の失敗や会社の倒産などの理由で土地を売らざるをえなくなった過去の所有者の思いが残っている場合があります。そのため、そこに転居したと思ったら事業がつまずいてしまったり、会社が倒産に追い込まれてしまったりと、同じような不運に見舞われてしまいます。
もし、競売の土地を購入するのであれば、おはらいをしてもらうとよいでしょう。

古戦場跡や刑場跡

昔に大きな戦があった古戦場跡地や、罪人が処刑された刑場跡地も、因縁が残りやすい土地といえます。ですが、こういった土地でも長い年月を経て、大勢の人がそこに暮らすようになって、街全体にも活気があるようなら、凶意は消えていくので大丈夫です。

神社や寺の近くにある土地

以前に神社や寺の敷地だったところや神社の真向かいにある土地、お地蔵さまが近くにある土地は、災難や不運に見舞われやすい凶相の土地です。
神社の敷地は神聖な土地であり、一般の人が住むような場所ではありません。寺の近くの土地なら、昔に墓地として使われていなかったか、確認しましょう。供養されているとは思いますが、そこに住む人が原因不明の難病にかかったり、大事故に巻き込まれたりする恐れがあります。
また、お地蔵さまが祀られているということは、そこで昔、事故や事件などがあったということですから住むのは避けたほうがよいでしょう。